株式会社一心「主催イベント」公式サイト

壱岐島3daysいのち旅(二泊三日)

壱岐島3daysいのち旅2018年9月22日〜24日)

〜命(いのち)を見つめる旅〜

ただ、散歩したり、登山したり、瞑想したり、思いつく言葉を書したり、本を読んだり、対話したりします。

その「ただ」の中で、いのちを見つめます。

開催期間:2018年9月22日(土))〜24日(祝)
参加費:30,000円(税込)
定員:10名
会場:壱岐島
宿泊施設:壱岐島のホテルor旅館
※現地までの交通費・宿泊費・食事代は各自のご負担となります。

集合場所:博多港船着場
持ち物は:書籍、ノート、ペンなど、各自が必要だと感じるもの。

【ナビゲーター】

千田 利幸

19歳の時に「人が生まれてきた意味」を探求するため、放浪の旅に出る。
大学卒業後、職を転々とし30歳で起業するも、3年後に多額の負債を抱えて破産寸前になる。 10年後完済間近で再び無職に。無収入が続く中、「人を元気にする」を信条として再スタート。

現在は真のリーダーの育成に力を注ぎ、「ありのままに今ここを生きる」という生き方で道を示すリーダーとして熱烈なファンが多い。 わずか2年で100回以上受講する受講生が多数いる。

小さな会社や組織、コミュニティの変革にも力を注ぎ、ダイアログ、ホールシステムアプローチを使った、共に協働し未来を拓いていく手法で多くのコミュニティに関わっている。

心の在り方を全身全霊で語る姿が特徴。2008年大人が夢を語るドリームプラン・プレゼンテーション(ドリプラ)にて感動大賞受賞。 2009年には2か所、2010年には13ヶ所のドリプラを企画

北欧、アメリカ、フィリピン、ウガンダ、タイ、ニュージーランド、ジープ島などを歴訪するラーニング・ジャーニーを続けながら、真の在り方を今もなお探求し続けている。


谷口一則

たにぐちクリニック理事長
21世紀の医療を考える会(eクリニック理事)
日本抗加齢学会会員
日本医師会認定産業医

1961年大阪市生まれ。
幼いころから死への恐怖心が人一倍強かった。どうしたら病気にならないかを探るため医者を目指すが何度も挫折。
3年の浪人の末に大阪医科大学に入学。卒業後は大阪大学医学部第二外科などで外科医として勤務する。
また、米国UCLAで移植医療に携わり、台湾大学医学部で緩和医療にも従事し、17年間一貫して外科系の医療を実践し人間の生と死に関わる医療に携わってきた。

43歳の時に、病気を治すより、病気にならない予防医学の重要性に気付き、開業医を目指す。
現在は街の開業医として、風邪からガンの患者さんまで、年間3万人以上の健康や介護に携わる傍ら、NPO21世紀の医療を考える会の理事として統合医療的な立場でガン患者さんのサポートをしている。

50歳の時に、人間の四苦(生・老・病・死)からの救済のお手伝いが自分の使命であることに気づき、病気の人だけでなく、中高年層の働き盛りの人が健康を担保したうえで、元気で明るい人生のセカンドステージを歩むべく、セミナーやライブ、旅の企画、落語会などを主催し免疫力を上げる活動を実践している。

今後の超高齢化社会を見据えて医療・介護・予防医療・運動・食を融合させた健康創造企業体の実現を目指している。
価格:30,000円
注文数:
| ホーム |

カートの中身

商品検索

Copyright c 2005 株式会社一心「主催イベント」公式サイト. all rights reserved.