株式会社一心「主催イベント」公式サイト

第2回CVA(慈悲と価値と道)ワークショップ2Days

CVA(コンパッション・バリュー・アクション)慈悲と価値と道2Days
~仏教とACTから生まれる世界(2020年1月19日〜1月20日)〜 

  

認知行動療法とマインドフルネスから生まれた最新の心理療法「ACT」の考え方と仏教の基本的な教えを融合した新たなプログラムを開催します。
 
タイトルは、「CVA」
コンパッション・バリュー・アクションです。
 
 
「慈悲と価値と道」です。
 
 
この道は、人生をより良く生きるための道です。
古くは八正道、菩薩道とも言われてきました。
煩悩を断ち切り、浄化された自分を作り出し、輝ける人生を歩むことです。
 
私たちの心には、苦悩や悲しみ、痛みがあります。それは、自分を磨くための貴重な材料になると考えます。
その痛みがあればこそ、私たちは新しい自分を生み出そうとします。
この苦しみや悲しみ、痛みを慈悲で包み込むことができれば、本当の自分が立ち上がります。本当の自分とつながる大いなる存在が、あなたと社会とを結ぶ大切な価値を教えてくれるかもしれませんし、自分自身の心の奥底にある価値に気づくかもしれません。
その価値を実現する道が、日々の8つの局面にありますし、目指すべき心のあり方と振る舞いの中にも見つけられます。
 
そういったことを難しい言葉や理論ではなく、シンプルに扱っていくことができるようになりました。
それは「ACT」という新しい心理療法の研究成果を仏教の教えに結びつけることで実現しました。
まだまだ未完成かと思いますが、方向性は合っているという気がします。
 
この集まりはセミナーでもなく、説法でもありません。
欧米では最近ギャザリングというそうですが、日本語では「集会」(しゅうえ)とでも言うのでしょうか。
皆が集まって、ともに学び、励まし合う会です。
きっとここで起きたことは、更に進化し続けていくでしょう。
 
今回の集会(ワークショップ)は2日間で行います。
7年ほど一緒に仏教の勉強会を行なってきた、千田と高間がACT(アクト)に出合い、これはまさに仏教だと感じたところから、今回の企画が立ち上がりました。
現代人が求める修行の形がそこにあると思ったのです。
 
仏教の教えの根本は、四諦八正道といわれます。
今回はこの四諦、苦集滅道に沿って、ご一緒に学び考えていきます。
苦諦は、この人生の苦しみや悲しみ、痛みを明らかにすることです。
集諦は、この苦しみの起きる原因、つまり煩悩を明らかにします。
滅諦は、苦しみのない世界とは何かを明らかにします。それは今この瞬間に生きることによるマインドフルネスの世界です。
道諦は、苦しみのない世界に至るための道を明らかにします。自分の価値の実現を目指して日々選択し続ける歩みです。
 
道を歩み始めたとき、次元が変わります。今までの影響関係に変化が起き、さらなる苦難が始まるかもしれません。それは、自分の人生が拡張するプロセスが始まったので、克服すべき課題が出てきたのです。また、新しい協力やチャンスが得られるかもしれません。価値を実現するために、諸々の力や資源が集まり始めるからです。
この2日間の集まりの後にこそ、始まりがあります。ですから、私たちはその道もご一緒に繋がっていけたらと考えています。
 
 
【ACTについて】
ACT(アクセプタンス・コミットメント・セラピー)は、自分のコントロールが及ばないものを受け容れ、人生を豊かにする行動をとることを自己決定するというセラピーです。
心理学者スティーブン・ヘイズ氏と他2名で開発されたものです。
慢性の統合失調症患者さんにこのACTを施したところ、たった4時間の治療で患者の入院率が半分になったというものです。
禁煙や職場でのストレス軽減などでも効果は絶大だったそうです。
孤独でお酒に溺れた人、交通事故で家族を失い絶望の淵にいる人をも前に進ませるなどの多くの事例が報告されています。
 
「幸福になりたいなら、幸福になろうとしてはいけない」という一般向けにACTを紹介した本は、欧米でもベストセラーになっています。
https://amzn.to/2YjN12r
 
【ACTと仏教から生まれる世界】
ACTでは、苦しみを除くことを目的としていません。
苦しみをノーマルなものとして受け容れるというアクセプタンスというところから始めます。
幸福になろうと努力するほど不幸になるという悪循環を作り出すメカニズムをわかりやすく説明してくれています。
 
ACTの目的は、人生がもたらす不可避の苦しみを受け容れながら、価値に基づいて豊かで充実した人生を生きる手助けをすることです。
仏教の目的は、四諦の真理に目覚め、八正道の実践を行うことで苦悩から解放された安心の境地を目指すことです。
 
2500年連綿と伝わっている仏教という東洋の智慧と、
西洋が生んだ最新の心理療法ACTの考え方との融合。
 
それは、苦しみを受け容れ(慈悲)、価値に基づく人生を明確にし、八正道という道を歩むという世界です。
 
 
===================================
「CVA(コンパッション・バリュー・アクション)慈悲と価値と道」
~仏教とACTから生まれる世界~
 
2日間のCVAワークショップを10月と来年1月に開催します。
両回とも定員は21名です。
価値ある人生への道にフォーカスした内容になっています。
仏教とACTと瞑想を統合した新たなプログラムを一緒に体験しましょう。
今までにない新たな世界に出逢う二日間になるかもしれません。
 
【プログラム】
1日目 10:30〜18:00
仏教とACT 
「苦集滅道」
苦諦と集諦
脱フュージョン
コンパッション(慈悲)
五蘊皆空(自己とは何か)
観察する自己
いま、この瞬間
滅諦(涅槃・真如)
マイクロ瞑想
2日目 9:00〜16:30
振り返り
価値の探求
道諦(八正道)
六波羅蜜
自己を拡張する
未来語り
 
日時:2020年1月19日(日)10時30分~18時・20日(月)9時~16時30分
受付開始1月19日10時~
参加費:78,000円(税込)(二日ともお昼のお弁当付きです)
定員:21名限定(先着順)
会場:ご縁の杜「梵(そよぎ)」
宿泊:湯河原リトリート「ご縁の杜」
神奈川県足柄下郡湯河原町土肥5-4-6
http://goennomori.jp/index.html
宿泊は自由です。日帰り参加でもOKです。
宿泊される場合は、宿泊費13000円(税別)が別途必要になります。
第二回お申し込み↓
http://isshin.cart.fc2.com/ca7/83/p-r-s/
 
【ファシリテーター】
高間邦男
株式会社ヒューマンバリュー会長
知平塾主宰
学校法人産業能率大学総合研究所経て、1985年現ヒューマンバリューを設立。
96年から「学習する組織」の研究調査を行い、AI・OSTなどポジティブアプローチでの組織変革手法を日本にいち早く紹介。
現在は、人材開発・組織開発に関する学際領域の研究とダイアログ形式の研究会や塾などを神奈川県の湯河原で行っている。
主な著書に「学習する組織」光文社新書、「組織を変える仕掛け」光文社新書等。
 
千田利幸
株式会社一心代表取締役
中道塾主宰
19歳の時に「人が生まれてきた意味」を探求するため、放浪の旅に出る。
大学卒業後、職を転々とし30歳で起業するも3年後の1997年負債1億円を抱えて破産寸前になり会社廃業。
再起業し10年後借金完済間近で再び無職に。無収入が5ヶ月続く中、「人を元気にする」を信条として再起業(6社目)する。
再起業から8年後の2016年借金1億円完済。
真のリーダーの育成に力を注ぎ、「ありのままに今ここを生きる」という生き方で道を示すリーダーとして生きる。
仏教との出逢いによって、すべての人の心の奥に仏性(光)があることを確信する。 
2018年から仏教の真髄を伝える中道塾を開催。
説法師として各地でお話会を開催し、真の生き方、豊かな人生を送る智慧を伝えている。
価格:78,000円
注文数:
| ホーム |

カートの中身

商品検索

Copyright c 2005 株式会社一心「主催イベント」公式サイト. all rights reserved.